ミニバードの使用レポート

ミニバードは、ネットオウルという会社が運営している格安レンタルサーバーのサービスです。

ネット尾売る最大の特徴は、月額263円〜という格安料金にも関わらず、ハードディスク容量が30GBという大容量が割り当てられることです。

大量の画像や動画を使うようなサイトを運営したい人におすすめです。フォトブログやネットショップなどがそれに当たるでしょう。

特にネットショップの場合には、1商品あたり5枚以上の画像を使うことは当たり前にありますし、運営していくうちにどんどん商品点数が増えていくのが普通ですから気が付けば画像だけでかなりのディスクを消費しているということがよくあります。

30GBの容量があれば、それにも十分対応できるでしょう。後で触れますが、ネットショップを簡単に作れる日本で有名なEC-CUBEという無料で使えるソフト(オープンソース)があります。

ミニバードでは、EC-CUBEにも対応していますので、商品を売るためにショッピングサイトを運営しようと思っているけど、あまりお金が無いのでできるだけ安くレンタルサーバーを借りたいという人におすすめです。

管理画面は使いやすいが、申込が少し面倒くさい

ミニバードを利用するためには、運営会社のネットオウルが運営している複数のサービスで共通して使えるネットオウルIDが必要になります。

したがって、ミニバードを申し込むために事前にネットオウルIDを作成する必要があり、これが少しの事なのですが面倒だと感じました。実際にやってみればすぐにできるし、それほど負担ではないのですが、できるだけユーザーには余計な手間を与えないで欲しいですよね。

ネットオウルの他のサービスを利用する人には便利なのですが、そういう人はあまりいないでしょう。

申し込んで使い始めると管理画面もすっきりしているので、初心者でも大変使いやすいと思います。

↓ミニバードの管理画面はこんな感じです。当たり前ですが、ディスク容量が30000MB(30GB)となっているのが凄い。

ミニバード 管理画面の画像

WordPress、MovableType、XOOPS、EC-CUBE、Joomla、ネットショップオーナー、ダヴィンチカート、Openpneなど多彩なツールを動かすことができるのも魅力的です。

Openpneというのは、簡単にmixi(ミクシィ)みたいなSNSサイトを作ることができるオープンソースソフトウェアです。格安レンタルサーバーでOpenpneが使えるところはあまりありません。

ただ、注意しなければならないのは、クリックするだけで簡単にインストールする事ができる自動インストール機能が利用できるのはWordPress、MovableTypeの2つだけです。

他のアプリケーション(オープンソースソフトウェア)を動かそうと思ったら、自分でそのソースコードを入手してきてアップロードしてインストールしなければなりません。

慣れてしまえば、簡単なのですが、この作業は初心者には少し難しいと思います。せっかく便利なアプリケーションを動かせるんですから、自動インストール機能まで追加してくれることを期待したいです。

ミニバードは小さなネットショップに最適

ミニバードは、前述したように月額263円〜と格安ながら30GBの大容量を備えていますので、大量の商品写真を使っても十分に余裕があります。

また、ネットショップが簡単に作れるEC-CUBEに対応しています。

ただ、EC-CUBEに関しては自動インストール機能がないので、自分でアップロードしてインストールする必要がありますので、技術の自信がない人には難しいかもしれません。

また、格安サーバーですので、アクセス数が増えたり、容量が増えてきたりすると動作スピードやなどに少し不満が出てくると思います。その点に関してはスピードに強みのあるエックスサーバーだとかなり快適に動きます。

結論としてミニバードは、とにかくコストを安く抑えて、ネットショップを始めたいという人におすすめの格安レンタルサーバーです。

ミニバード
料金 263円〜/月
初期費用 1,575円(初期費用がちょっと高いのがネック)
マルチドメイン 50個〜
容量 30G〜(この価格で30Gの容量は驚異的)
対応可ソフト

WordPress、MovableType、XOOPS、PukiWiki、EC-CUE、Joomla、ダビンチカート2、ネットショップオーナー3、drupal6、MODx、Openpne

無料お試し期間 有り(14日間)

↓↓ミニバードの無料14日間お試しお申し込みはこちら↓↓↓